巻き取り式バナースタンド製作の設置場所について

バナースタンド製作の中で設置や収納などの手間がなく簡単なタイプとして、巻き取り式バナースタンドがあります。骨具とスクリーンが1つにまとめることができるため、設置や収納以外に持ち運びにもとても便利なタイプになります。内部についているパイプテンションを上下に引っ張ることで、スクリーンを綺麗に広げることができます。長時間使用しているとパイプテンションが揺るみスクリーンがたるんでくるので、再びパイプテンションをねじって上下の張りを回復させることは手軽に行えます。この取り巻き式タイプは宣伝広告として立てる足元が小さいバーのみとなります。そのためとても不安定なことが多く、屋内におくことは向いていません。人が少し触れた場合やちょっとした風などの衝撃で倒れてしまうことが多いです。そのため、屋内のイベントや店舗の中において使用することがおすすめです。

巻き取り式バナースタンド製作のスクリーンについて

バナースタンド製作をする際は、季節なメニューの変更などによってスクリーン部分となる宣伝広告を変更して使用するかどうかを考慮する必要があります。とくに巻き取り式タイプを使用する場合は、コストなどによってもスクリーンが変更できるものとそうでないタイプがあります。巻き取り式タイプのバナースタンドを製作する場合、本体となる骨組と広告宣伝部分のスクリーンを一体化しているタイプと、骨組みとスクリーンが取り外しできるタイプとがあります。同じ巻き取り式タイプのバナースタンドであっても、仕組みが異なればそれだけコストなどにも違いが出てきます。また取り換え可能なタイプでも自分自身で行える場合と、業者へ依頼しなくてはいけないタイプなどもあるため、利用するさいは使用方法や利便性や手間に総合的なコストなども考慮して選ぶようにするとよいです。

バナースタンド製作のハトメタイプについて

バナースタンドを製作する際には、様々な種類がありコストなどのほかに利用しやすさや宣伝広告としての見やすさなどを考慮して選ぶようにすると良いです。その中でも一般的に多く使用されるタイプがハトメタイプとなります。ハトメタイプはスクリーンの上下二か所に穴をあけてハトメを設置します。そのハトメの部分に骨組みとなる本体を引っかけて、ひっぱるようにスクリーンを広げるタイプとなります。上下バー展張式などもこのハトメタイプに部類されるタイプです。ハトメタイプは他のバナースタンドに比べてスクリーンを張って利用するので、見栄えが一番良いタイプとなります。また設置などが簡単なうえ、パーツ毎の分解なども可能なので収納もコンパクトにすることができます。屋内のほかに、屋外でも足物と設置を固定することによって安定して使用することができます。