スタンド看板とバナースタンドとの製作の違い

店舗を新しくオープンするための宣伝広告をするための看板を製作したいと考えた時、販促ツールとしても種類が色々あります。その中でも店外において広告できるタイプとしてスタンド看板とバナースタンドなどがあります。これらは同じ宣伝を行う販促ツールとしては同じですが、製作方法から全く違うので特徴をしっかり考慮したうえでどちらを使用するか考えることが大切です。まずスタンド看板の場合は広告するためのスペースが広いことが条件となります。木製だったり鉄製だったりと種類などもとても豊富で、鉄製などの場合は車輪がついていて移動はできますが重さがあります。逆にバナースタンド自体は軸自体がとても軽い素材を使用し、広告部分は布を使用するのでとてもかるく軽量です。使用している素材自体が違うため、製作にかかるコストや日数などに違いがでてくるのでしっかり違いを比較したうえで依頼するようにすると良いです。

バナースタンドを理解した上で製作依頼をしよう

店舗やイベント会場などで宣伝するための販促ツールとして使用されることが多いのが、看板などの宣伝広告になります。見た人が足を止めて興味を持ってもらうことで、来店してもらうことに繋がります。宣伝広告するためのツールとしてバナースタンドがありますが、よく見かけるスタンド看板とは大きく違いがあるのが特徴です。まずスペースなどをあまり必要とせずに設置することができます。ですが広告自体は大きくアピールできるのが特徴です。また本体となる骨組の部分がとても細く軽量なタイプが多いので、折りたたんで持ち運ぶことが可能です。広告部分も布で製作されるため折りたたんで持ち運びができます。ただしバナースタンド自体が軽量なため、屋外などに屋外などに使用するさいに風で飛ばされてしまうことが多く、使用する場所や状況なども踏まえて製造依頼をするかどうかを判断することが大切になります。

バナースタンド製作の穴あけ展張式タイプについて

バナースタンドは宣伝広告を行う上でとても便利な販促ツールですが、スタンドにも複数のタイプが存在します。その中の1つとして穴あけ展張式タイプの製作ができます。穴あけ展張式タイプの特徴ですが、宣伝内容を印刷する部分になるスクリーンの四方向の角に穴をあけるタイプとなります。穴をあけた部分にはハトメと呼ばれる加工が施され、本体となる骨組の先端を四方向のハトメに引っかけてお互いが引っ張り合うように広がります。上下左右に同じ力で引っ張り合うので、スクリーン部分がたるむこともなく綺麗に広げることが可能です。スタンドスクリーンで製作されるタイプのなかでも、ピンとはられたスクリーンはとても見栄えがよいので自然を目を引くタイプのスタンドになります。使用する場合は屋外でも問題はありませんが、あまり風が強い地域の場合は飛ばされてしまうので、固定するなどの工夫が必要となります。