バナースタンド製作の上下バー展張式について

飲食店や衣料品店などで置かれている広告のほかに、イベント会場の案内板などにもよく利用されるのがバナースタンドになります。種類も豊富で使用用途に合わせてタイプを使い分けるのことができます。そのなかの1つとして上下バー展張式と呼ばれるタイプのバナースタンド製作があります。スクリーンとなる部分を上と下にあるバーでお互いを引っ張り挙げる形で広告宣伝を行うタイプとなります。取り付け方法ですが、上下にあるバーにスクリーンをスライドさせる形で取り付けることができるのでとても簡単です。バナースタンドには色々種類がありますが、複数種類のある中でも一番スクリーンとなる広告部分の取り付けが楽にできるタイプになります。またスタンドのバーの上下の幅は自由に変えることができるので、スクリーンとなり部分の大きさを変更しても使用できるので応用対応が可能なタイプとなります。

上下バー展張式バナースタンド製作の特徴について

バナースタンドを製作するさいの種類の1つとして、上下バー展張式タイプがあります。上と下に付いているバーがスタンドをお互いに引っ張ることで、スクリーンが上下に引っ張られて広告宣伝できるタイプです。スクリーンの大きさなどに合わせて上下のバーの位置を調整できたりするので、応用がきくタイプの販促ツールになりますが使用するさいは、しっかりと特徴を把握したうえで製作することが重要です。特徴として低コストでバー自体は作製できるので、複数のスクリーンの使い回しが可能になります。ただし上下にスクリーンを引っ張るタイプになるため、左右にたる身やシワができる場合があります。また広告部分となるスクリーンに使用する素材に重みがあると、上下バー展張式の場合は重みに耐えられず倒れる場合があるので要注意です。サイズとしては小さいものから、横と縦が2メートル以上のものも製作可能なのも特徴のひとつです。

バナースタンド製作の巻き取り式について

バナースタンド製作には様々な種類があるのが特徴ですが、その中でも収納する手間などが一番簡単なタイプが巻き取り式タイプになります。本来バナースタンドは本体である骨組になるバーと宣伝広告となる部分のスクリーンが組み合わさることで完成します。使用しない場合はスクリーン部分を取り外し、骨組のバーを折りたたんで収納しますが巻き取り式の場合はバートスクリーンが一体になっているタイプです。骨組みとなるバーにスクリーンが巻きとられので設置をするさいも収納するさいも、とても簡単に行うことが可能なのが最大の特徴です。設置や収納の手間はかかりませんが、巻き取り式の場合は性能上引っ張る力がバネになるため長い期間使用しつづけることで劣化していきます。ばねの力が弱まるとスクリーンを広げる力が弱まるので、シワができたりたるんでくる事があるのでバネと交換する必要があります。

主力商品・サービスはバナースタンドで、記者会見時のバックボードを始め、補修や交換用パーツ類まで幅広く取り揃えて販売しているサービスです。 サイトにない商品も対応いたします。まずはご相談ください。 海外パートナーより直輸入しており中間マージン削減。 バナースタンド専門店である当社の強みを活かし、ご希望のプランに合わせたバナー製作からアフターサービスまで承ります。 バナースタンドの製作をご検討のお客様へ